小説情報

昭和の春、安井金比羅宮に女学校の友人と共に訪れた14歳の鈴。そこで彼女は、暗い藤色の瞳をした女と出会う。花房と名乗る彼女の首には、首くくりの縄目のあとがあった。無垢な娘と死を願う女。結ばれてしまった縁は、もつれ、絡み合っていく。


サイトタグ: 百合 殺伐感情戦線 短編 昭和 ガールズラブ 心中
本 読みに行く
Twitter パブリックサーチ
ペン手帳 掲示板へ行く
ノート 応援一覧を見る
グッド 応援する
フォルダ お気に入りする
ペン 紹介を書く
歯車 タグ編集

タグ一覧

話構造タイプ
短編長編(事件・問題主体)
地の文の人称
一人称三人称
対象層
大人向け
作品傾向
感動
友情尊い切ない泣ける
変・不思議
幻想不思議理不尽ミステリアス
暗い・渋い
シリアスダーク残酷バイオレンススプラッタ
終わり方
メリーバッド
舞台
世界観
近現代〜近未来(超常現象なし)
地域
和風
時代
昭和
時期・季節
文体
モノローグが多い
キャラクター
主人公の性別
女性主人公
内容
系統
殺人犯罪
人間関係
百合
恋愛
悲恋身分差ガールズラブ

作中全文検索(Googleへのリンクです)


紹介・解説一覧


1

縁切り神社とよばれる安井金比羅宮で縁を結んだ2人の少女の逃れられぬ残酷な運命の物語です。
はっきりと説明されたわけでもないのに心情が克明に伝わり、目の前に安井金比羅宮や昭和の家屋、そしてその中で生きる人々の情景が目に浮かぶようです。これはこの作品のみならず他作品や作者のツイートでもそうなので、作者は過不足なく短い文で伝える力、文章を引き算する力が非常に高いと思います。この点においては、私がこれまで読んだ作品の中で一番だと思います。
まずココまで!
1話
good/0
文字数:218文字
編集日:2022-05-02
1
Amazonのアソシエイトとして、ノベレコは適格販売により収入を得ています。

Page Top