小説情報

チンパンジーは想像力が無い、
だから自分が殺されるかもしれない状況下でも痛みが無ければ気づけ無いのだろう。
そして、それは俺が雇っている殺し屋、グラム売りにも同じことが言える。
多分、グラム売りは未来について何も考えていない。
そして、俺もおそらくそう。

サイトタグ:殺し屋 カクヨムオンリー お仕事 短編
本 読みに行く
Twitter パブリックサーチ
ペン手帳 掲示板へ行く
ノート 応援一覧を見る (2回)
ふきだし 紹介一覧を見る (0件)
閉じた本 あわせて読みたい (55件)
人マル お気に入り登録者一覧を見る (2人)
グッド 応援する
ペン 紹介を書く
ペン あわせて読みたいを登録
フォルダ お気に入りする
歯車 タグ編集

タグ一覧

話構造タイプ
短編
地の文の人称
一人称
作品傾向
暗い・渋い
シリアスダーク残酷サイコバイオレンススプラッタ
舞台
世界観
近現代〜近未来(超常現象なし)
地域
現代風・モダン
時代
令和
文体
モノローグが多い
キャラクター
主人公の性別
男性主人公
主人公の強さ
達人・プロ
年齢層
社会人成人
職業・部活
殺し屋・暗殺者
内容
系統
殺人犯罪
出てくる要素
バトルもの
秘匿バトル

作中全文検索(Googleへのリンクです)


Amazonのアソシエイトとして、ノベレコは適格販売により収入を得ています。

Page Top