小説情報

巨大龍。
大陸の文明を滅亡寸前まで追い込んだ龍は、その日、突然死んだ。
残されたのは、山脈ほどもある巨大すぎる骸と、無数の二次災害。

放置すれば魔物が湧き、いずれは甦る可能性もあると示唆されたとき。
若き巨大龍災害対策機関の長は、決断を下す。

この巨大龍、解体すべし! と。

かくして剣と魔法の世界で、超巨大生物の遺骸を巡った悲喜交々が繰り広げられるのだった。


※毎日18時頃更新!

※幕間は主人公と別視点
※閑話は主人公周りの中心人物の視点になります

サイトタグ:ハイファンタジー 剣と魔法 男主人公 特撮リスペクト 内政 外交、陰謀、国防、災害対策 ハッピーエンド 毎日更新
本 読みに行く
Twitter パブリックサーチ
ペン手帳 掲示板へ行く
ノート 応援一覧を見る (3回)
ふきだし 紹介一覧を見る (0件)
閉じた本 あわせて読みたい (2件)
人マル お気に入り登録者一覧を見る (1人)
グッド 応援する
ペン 紹介を書く
ペン あわせて読みたいを登録
フォルダ お気に入りする
歯車 タグ編集

タグ一覧

話構造タイプ
長編(事件・問題主体)
地の文の人称
一人称
対象層
男性向け
作品傾向
感動
友情
暗い・渋い
シリアス
終わり方
ハッピーエンド
舞台
世界観
ファンタジー(剣と魔法)
文体
モノローグが多い
キャラクター
主人公の性別
男性主人公
主人公の強さ
達人・プロ
関係性
幼馴染上司部下
年齢層
成人
ファンタジー属性
現地主人公
内容
系統
内政・領地経営
戦う敵
世界の仕組み
恋愛
純愛
出てくる要素
ファンタジー
魔法
その他・注意
口語調タイトル

作中全文検索(Googleへのリンクです)


discord

Page Top