小説情報

夜の峠を俺は走っていた。俺は元走り屋、今はしがない勤め人だ。
人気のない峠、日中の憂さを晴らすようにバイクで風を切る。そんな中、背後に迫るやつがいた。……ババアだ。
超高速で走るババアが、俺の後ろから迫っていた。
俺の横を抜かすババア。そいつが横に並んだ俺を見て笑いやがった時、燻っていた炎が再び燃え上がった。

これは、命を燃やして走る、俺とババアの公道レースの記憶だ。


◇◇◇

【下記ツイートを元に作られた作品です】
釘井鉋『そのろうそくの尽きる間に』、読了。
難病もののような見た目で手に取ったが、酷い表紙詐欺だった。
丑三つ刻に出会った老婆との深夜のスピード狂レースの話。老婆の頭に括りつけられた蝋燭はレース中も消えず、後半のデッドヒートでは花火のように七色にスパークする。
https://twitter.com/moja_gorilla/status/1655334849333403649

サイトタグ:バイク ターボババア 妖怪 レース バイクレース
本 読みに行く
Twitter パブリックサーチ
ペン手帳 掲示板へ行く
ノート 応援一覧を見る (1回)
ふきだし 紹介一覧を見る (0件)
閉じた本 あわせて読みたい (24件)
人マル お気に入り登録者一覧を見る (1人)
グッド 応援する
ペン 紹介を書く
ペン あわせて読みたいを登録
フォルダ お気に入りする
歯車 タグ編集

タグ一覧

話構造タイプ
短編
地の文の人称
一人称
作品傾向
明るい&派手
エンタメ
終わり方
ハッピーエンド
舞台
世界観
近現代〜近未来(オカルト要素主軸)
地域
現代風・モダン
キャラクター
主人公の性別
男性主人公
年齢層
社会人
内容
系統
バトル・アクション
戦う敵
怪人強敵
出てくる要素
伝奇・オカルト
怪異

作中全文検索(Googleへのリンクです)


Amazonのアソシエイトとして、ノベレコは適格販売により収入を得ています。

Page Top