小説情報

 カードゲームで世界が滅ぶのはカードゲームの世界だと定番だ。
 そんな世界に転生した俺、棚札ミツルは念願かなってカードショップの店長になることができた。
 カードバトルをする人たちが楽しそうなこの世界で、それを近くで眺めていたかったのだ。
 しかし、そんな俺は端から見ると大きな事件を解決し、先達として子どもたちを見守る前作主人公のように見えるらしい。
 実際は、そんな大きな事件一度も解決したことがないのに。

 これは、カードゲームが何よりも優先される世界でカードショップの店長になった結果、周りから過去に大きな事件を解決したのだろうと思われている。
 特にそんなことはない転生者の物語。

 「カクヨム」様にも投稿しています。




サイトタグ:現代 日常 カードゲーム 勘違い 転生
本 読みに行く
Twitter パブリックサーチ
ペン手帳 掲示板へ行く
ノート 応援一覧を見る (18回)
ふきだし 紹介一覧を見る (0件)
閉じた本 あわせて読みたい (3件)
人マル お気に入り登録者一覧を見る (1人)
グッド 応援する
ペン 紹介を書く
ペン あわせて読みたいを登録
フォルダ お気に入りする
歯車 タグ編集

タグ一覧


作中全文検索(Googleへのリンクです)


Amazonのアソシエイトとして、ノベレコは適格販売により収入を得ています。

Page Top