小説情報

十六歳の若さで死んだ高校生、千夜 智太は
神の恩寵により、コウメ太夫のネタで笑わせた相手を即死させる能力を得て、異世界へと転生する。
では、ここでコウメ太夫のネタについて説明しよう。

まず、演者は
顔を白塗りに染め、芸者風のカツラ、女物の着物を装着し、扇子を持ってステージに立つ。
次に扇子を扇情的にくねくねと動かしながら、ステージで奇っ怪な舞を披露する。
(その際、口でチャンチャカチャンチャンと日本舞踊風のメロディーを口ずさむ)
ある程度、チャンチャカチャンチャンを口ずさんだ後は
「~だと思ったら~でした」等の形式で、あるあるネタ、虚言、理解不能の文言を披露する。
最後に「チクショー」と大声で叫ぶ。
(チャンチャカチャンチャン、~だと思ったら~でした、チクショーの全ては女声を模した裏声で行われる)

サイトタグ:コウメ太夫 異世界転生 ギャグ コメディ 短編 チクショー チート エンターテイメント
本 読みに行く
Twitter パブリックサーチ
ペン手帳 掲示板へ行く
ノート 応援一覧を見る (12回)
ふきだし 紹介一覧を見る (0件)
閉じた本 あわせて読みたい (55件)
人マル お気に入り登録者一覧を見る (3人)
グッド 応援する
ペン 紹介を書く
ペン あわせて読みたいを登録
フォルダ お気に入りする
歯車 タグ編集

タグ一覧

話構造タイプ
短編
作品傾向
明るい&派手
ギャグ
変・不思議
シュール
キャラクター
主人公の性別
男性主人公
人外属性
出てくる要素
文化
落語・漫才

作中全文検索(Googleへのリンクです)


fanbox

Page Top