小説情報

女子高校生のわたし、気付いたら森の中で油圧ショベルになっていた!
ここはどこ? どうしてこんなことに? 何もわからないまま、何か事情があって追われていたラーシュさんという男の人を助けることになる。
逃げる中、優しくされて、わたしは自分の操縦席にラーシュさんを受け入れる。乗車されるなんて初めてだし恥ずかしい。でも、この人になら──。
なぜか油圧ショベルになってしまった高校生女子と多分異世界の男性との生物の垣根を超えたラブロマンス。
前後編二話で完結です。
カクヨムWeb小説短編賞2021
【短編小説部門】短編賞
受賞しました。ありがとうございます。https://kakuyomu.jp/contests/kakuyomu_web_short_2021
コミックフラッパー 2022年11月号(2022年10月5日発売)にコミカライズが載りました!https://kakuyomu.jp/info/entry/wc7_flapper_comic2


サイトタグ: 恋愛 女子高校生 油圧ショベル ハッピーエンド 異世界転生 ラブロマンス
本 読みに行く
Twitter パブリックサーチ
ペン手帳 掲示板へ行く
ノート 応援一覧を見る
グッド 応援する
フォルダ お気に入りする
ペン 紹介を書く
歯車 タグ編集

タグ一覧

話構造タイプ
短編
地の文の人称
一人称
対象層
大人向け
作品傾向
明るい&ゆるい
可愛い
感動
尊い
変・不思議
シュール
終わり方
ハッピーエンド
舞台
世界観
ファンタジー(歴史・戦記)
文体
モノローグが多いメタ発言
キャラクター
主人公の性別
女性主人公
年齢層
高校生
人外属性
その他人外
内容
系統
国家間戦争
事件・シチュエーション
人外変身・transfer物品化
恋愛
ロマンス
出てくる要素
ファンタジー
魔法なし
テクノロジー
メカ
異世界転生・転移
異世界転生

作中全文検索(Googleへのリンクです)


紹介・解説一覧


1

まさか油圧ショベルの描写を読んで「エッッロ……」なんて思う日が来るとは。

いきなり失礼なタイトル、申し訳ございません。
でも事実だと思います。
普段何を摂取してたら油圧ショベルをこんなにかわいく、いじらしく、そして官能的に書けるのでしょう。
天才だと思います。
ごちそうさまでした。
乱文失礼しました。

(カクヨムでのレビュー文の転載)
まずココまで!
2話
good/1
文字数:179文字
編集日:2022-05-26

女子高校生が油圧ショベルになって異世界転生!?
そんな彼女が油圧ショベルとして懸命に生きる、それだけで出オチとして面白いのだが、
この作品の真の見どころは後編である。
油圧ショベルが織りなす、小説だからこそ書けるロマンスシーン。
その圧倒的な描写に胸を震わせてほしい。
まずココまで!
2話
good/3
文字数:138文字
編集日:2021-12-30
1
Amazonのアソシエイトとして、ノベレコは適格販売により収入を得ています。

Page Top